学校長挨拶 建学の精神 沿  革 由  来 学校評価

学校長挨拶

平成29年度

−学校長挨拶−

          学校法人泉心学園
          熊本国府高等学校
           校長 福田千鶴男


田憲清校長  初めに、私は今年度4月から校長に就任いたしました福田と申します.何卒よろしくお願いいたします。

 さて、4月10日に平成29年度熊本国府高等学校入学式を挙行した。真新しい制服に身を包んだ新入生455名が胸をはって式場に入場した。入学式の式辞の中で私は2つのことを実行してほしいと話した。一つ目は「目標を明確にする」こと。二つ目は「何事にも主体的に取り組む」ということ。新入生たちは、目をキラキラ輝かせて聴いていた。

 4月26日(水)から2泊3日の日程で国立阿蘇青少年交流の家を利用して1年生の宿泊研修を実施した。悠大な阿蘇の懐で集団行動訓練や校歌を大きな声で歌ったり、クラスマッチや夜には自学自習など行い、クラスの仲間たちと打ち解け合い、高校生としての初めての自覚をおぼえた研修となった。

 昨年、熊本地震のために中止となった体育大会。2年ぶりに、5月16日(火)パークドームにおいて開催した。1、2年生は国府高校での初めての体育大会ということで、少し不安はあったが、いざ始まってみるとリレー、技走、集団演技(国府体操・ダンス・国府オーダー他)など若さはじけるパフォーマンスを見せてくれた。そして何といっても,赤・黄・青の3団のそれぞれのリーダー(15名)による応援団の演舞は、観る者を魅了するような見事な出来映えであった。見学に来られた沢山の保護者の方々も大満足だった。最後は全員が肩を組み校歌を大合唱し、感動の体育大会は終わった。

 平成29年度熊本県高校総体・総文祭は、6月1日(木)〜6日(火)の日程で開催された。6月1日各校の吹奏楽部の生徒たちによるパレードで総文祭は始まり、「文化のプリズム虹色の個性」のスローガンのもと、ステージ部門・展示部門などで高校生の華やかな祭典を繰り広げた。一方、高校総体では本校伝統の部活動が今年もたいへん活躍を見せた。女子バスケットボール部が2年連続優勝、男女ハンドボール部が準優勝、サッカー部と男子バスケットボール部が堂々の3位という結果を残した。とりわけ圧巻だったのは、陸上部の男子400メートルリレーで初優勝を飾ったことだった。優勝することは難しいこと。しかし、そこに向かって果敢に挑戦する国府魂は健在であると感じた。

 最後に、本校は創立77年目を迎えた。現在、全校生徒1286名で日々の教育活動に勤しんでいる。男子と女子の生徒数の割合は、おおよそ半々である。近年進学をする生徒が増加し卒業生の約7割が県内の大学は元より全国の大学、短大そして専門学校に進学している.一方就職の方は県下でもトップクラスの公務員合格を初め、昨年度の就職率は100%であった。「文武二道」の目標をかかげ、生徒たちの個性とニーズに答えるべく日々生徒とともに学び合う校風を創って行きたいと考えている。入学から卒業まで、しっかりと「めんどうをみる」学校であり続けることが、本校の特色となりつつある。

 7月に実施する体験入学にたくさん中学生諸君が国府高校に来校し、国府高校の空気を感じてもらいたいと願っている。

平成29年4月1日 


建学の精神

熊本国府高等学校建学の精神校訓

 
 ◆<建学の精神>◆
 

 

「人間全体を正しく成長させる全人教育を基盤として、身体的、情操的、知性的、社会的、四面の調和的発達を遂げしめ、真に役立つ人材を育成する」

 

 
◆<校訓>◆
校訓「礼節 創造 自立」の書

建学の精神を実現するために、学校生活の規範として「礼節 創造 自立」の校訓が定められています。

沿革

熊本国府高等学校の沿革

第1回入学式(昭和16年5月18日)

第1回入学式風景

昭和16年5月18日


  • 1941年(昭和16年):熊本商工会議所立「熊本女子商業学校」創立(熊本市出水町今578-1)
  • 1948年(昭和23年):「熊本女子商業高等学校」となる
  • 1981年(昭和56年):現在地(熊本市国府2丁目15−1)に移転
  • 1993年(平成 5年):女優の和泉雅子さんと生徒10名が北極遠征
  • 1994年(平成 6年):普通科を設置,学校法人泉心学園「熊本国府高等学校」と改称
  • 1995年(平成 7年):男女共学となり、男子1期生入学
  • 1998年(平成10年):男女共学1期生卒業
  • 2001年(平成13年):創立60周年
  • 2009年(平成21年):商業科と情報処理科を統合しビジネス科誕生

由来


 「熊本国府高等学校」の校名は、奈良・平安時代に、現在の校舎付近に肥後の国の「国府」があったことに由来しております。創立当初の話として第二次世界大戦中のまぼろしの卒業式があります。現在では、普通科とビジネス科に、1000名余りの生徒が学んでおり、礼法教育とコンピュータ教育に力を入れるとともに部活動も盛んな学校となっています。
 

昭和37年当時の航空写真  写真は昭和56年4月までの校舎。2つの円形の建物が特徴となっていました。昭和37年2つ目の円形校舎(右)が完成した直後の航空写真で、当時の卒業アルバムからです。新円形校舎の前には、自動車部の練習コースが見えています。当時は16歳で軽自動車の免許が取得できたので、部活動としての自動車部があったそうです。校門前がちょうど健軍方面行きの「水前寺公園前」電停でした。
 創立当初は電車はもっと右(北)側を通っていて、水前寺公園の入り口が終点で、本校の運動場が公園の入り口まで続いていたそうです。
 現在の校舎は写真の左上の方角で、直線距離にして300m程の所です。
 下の写真は平成13年の創立60周年を記念して編集された本校の「60周年史」です。
本校のシンボル樹「くすのき」,旧校地から移植 60年史
ページ先頭へ


旧ホームページ

国府まなびや